2020/07/21

ゑんどう寿司 京橋店

某なにわ文化サポーター倶楽部で天神祭がコロナで中止になり、お世話になっている所に挨拶回りという事で、ゑんどう寿司に行ってきました。当初、「少ないのではないかなぁ?」と思っていたのですが、なんの何の15名も参加という事で、ビックリしました。コロナの影響で皆さん集まっての食事会などに行ってなかった模様です。
ここぞとばかりに、皆さんが集まった模様です。


和気あいあいと。。。久しぶりの3蜜でした。苦笑
ゑんどう寿司さんに久しぶりに来ました。苦笑
おまかせ握りなどたらふくいただきました。

変わらない笑い声に感謝です。

次はお好み焼きの風月だと言っておられました。



2020/07/20

収穫祭 枝豆とバジル

 

家庭菜園の枝豆とバジル(半分)が収穫となりました。
自家製有機の肥料を与えずに家庭菜園を行ってみました。

枝豆も量は少なめですが、マメ自身は、すごく濃厚でシッカリした感じを受けました。
一言でいうと、プリプリ!!という感じです。これはアリです。

バジルは例年のごとく肥料なしですが、スクスク出来てきます。
写真は半分弱ですので、写真の倍は収穫となります。
かみさん曰く、「ジェノベーゼソースが10回分が出来た。」と言ってたので、20回以上出来るということになる。。。汗
ちょっと多いな。来年はバジルをやめようか。



2020/07/11

ビワマス 燻製 ソミュール液レシピ ご近所さんから燻製の要望

「ビワマスを燻製にして欲しい」との依頼がご近所さんからありました。汗
燻製をしたのもまだ、わずか。貴重なビワマスを燻製への依頼。汗
失敗するかも知れない事を了解していただき、燻製への挑戦。汗

まぁ。いいか。なんとかなるだろう。

相変わらずの性格です。反省

まずは、ソミュール液を作らないとね。
ソミュール液の作り方はこちらを参考にしました。
器が大きくソミュール液が多くなりました。汗


ビワマスのソミュール液
1、水・・・2000cc
2、塩・・・300g
3、三温糖・・・50g
4、ローリエ・・・5枚
5、黒胡椒・・・少々
※こちらのソミュール液を鍋で沸騰させ、通常のお水程度の温度まで冷やし、ビワマスを入れました。ソミュール液を2回に分けて作ったので、写真は1000ccのソミュール液です。 

工程表
1、ケースに入れ、10時間冷蔵庫で蓋をして、上記のソミュール液にビワマスを漬ける。

2、上記のケースからビワマスを出し、ソミュール液から出し、写真のように水で2時間30分の塩抜きを行いました。

  
3、「風乾燥は冷蔵庫でも可」と書かれていたので、梅雨時期でもあるので冷蔵庫乾燥(7時間30分)を選択しました。写真の通りお腹の中にもキッチンペーパーを入れ、水分が取れやすいようにしました。もちろん上下のキッチンペーパーも水分を取るためにしました。
 
4、さくらチップを入れて、燻製器にビワマスを入れました。燻製時間は少したっぷり目の45分/100℃位でしました。(30分位でもいいと思う。)
5、燻製後、所用で翌日に食べれなかったので、冷蔵庫でラップをしたまま保管を2日間行い、ラップを外し1日間冷蔵庫に入れて、風乾燥をしました。梅雨時期はこれでいいと思う。汗


追記
冷蔵庫でラップしたまま2日間の保存は、やらない方がいいと感じます。理由は皮部分がべっとりします。


他にも、手羽先や手羽元、あらびきソーセージや6Pチーズ、からし明太子をしました。苦笑
手羽先と手羽元は、冷蔵庫(真空チルド室)で半日ねかしました。

  
 

ビワマスの写真は撮るのを忘れました。陳謝


番外編
今年は家庭菜園で枝豆を作りました。
お酒のアテとなりました。笑


【燻製材種類と用途】 →サクラ:オールマイティーな燻煙材。 →ナラ:着色が早い。短時間燻製向き。 →ブナ:香りはライト。魚や貝類向き。 →リンゴ:甘い香りでマイルドな仕上がり。 →ヒッコリー:欧米では一番メジャー。 →クルミ:ライトでオールマイティ。 →ピート:超強烈フレーバー。