2019/12/05

宮島 芝居茶寮 水羽 厳島神社

翌日、皆が違うホテルだったので広島駅に集合して、厳島神社に行ったことがないという方が居たので、宮島に移動をするという事になりました。僕はおとなびで申込んで帰りの新幹線の切符を新大阪駅で発行していたので、広島駅構内のJR西日本のみどりの窓口へ。
発券した切符でも変更が出来るんですね。発車前の切符でないといけませんが、みどりの窓口でおとなびで購入したものは、払い戻しになり、その場で新しい切符を購入すれば手数料が無料ということでした。ちなみに払い戻しだけだと30%の手数料がかかりますので、気をつけてください。

そんなこんなで私の新幹線の席を、勝手に変えた某草◎さん。あなたのGoing My Wayには頭が下がります。笑

JRで宮島口駅に行き、JRフェリーにて厳島神社に。。。

某辻●さんから「厳島神社の鳥居は修復工事を行っているよ。」と事前のお話をいただいてました。写真は能舞台で、写真右奥に鳥居修復工事のテントシートが写っています。
お参りを済ませ、ちょうど昼食時間に・・・

 
御昼御飯は、芝居茶寮 水羽さんで写真(左側)の三宝丼をオーダー。焼牡蠣も追加で。
水羽さんの三宝丼は、少しずつ三つの丼があって、牡蠣の炊込みご飯と穴子の天丼、そしてあなご飯が一緒に食べれるという色々な味を満喫するには良いと思います。
ただ、茶碗蒸しはしっかり火が通ってなかった。笑
焼牡蠣は5個つづと書いていたが、ひとつ足りませんでした。後でお持ちいただきましたが。。。
忙しいんだろうね。笑

新幹線の切符を発行していたので、そこから急いでJRフェリーに。
一緒だった皆さん。ごめんなさい。陳謝
在来線の電車では寝ていましたよ。笑

もちろん帰りの新幹線でも。。。汗
某●田さん。愉快な写真を撮っていただき、有難うございました。笑
お腹がでてるなぁ。。。汗




2019/12/02

広島出張 むろか


広島に行ってきました。
JR西日本のおとなびという50歳からの旅行割引を利用させていただき、新大阪駅から7,430円で行くことができました。
広島には取引先があるのでご挨拶と、某団体の忘年会的なもので・・・

金曜日は、取引先の会社から某広島の方にご紹介をいただいたむろか(完全予約制)というお店で会食をし、個性的な大将が面白いですね。。。全品が美味しく時間になるまで表でお客様が待っているというお店!!
いまどき珍しいけど、わかる気がする。待ってでも食べたいですね。

また、某ラウンジにお邪魔して、夜が更けていきました。いろいろありますよね。。。
むろかさんは、コース料理のみですが、美味しい料理を出していただけるのでオススメします。(^o^)
帰りはタクシーではなく、健康の為に、徒歩でホテルまで・・・

 
大通りにはイルミネーションがキラキラ輝き、きれいでした。

翌日、午前中、某社にご挨拶に行った後、大阪の会社にダウンジャケットを忘れた(ドンくさいでしょう。汗)為、何か着るものを買いに、PARCOユニクロなどを周りましたが、好みのものと出会えず、三越で購入しました。

お昼に広島駅ekie内カフェに集合という事でしたので、そこに行くともうたくさんの人が集まっている。驚

 
おたふくソースさんが広島焼の体験版をされていました。これもインバウンドを狙っているんでしょうね。。。

 
某車のディーラーさんが所有しているおりづるタワーに・・・
地域愛をたっぷり感じますね。この施設の収益モデルは面白いですね。

 
原爆ドームもしっかりと見えますし、広島が一望と、夕陽がきれいですね。
旧)広島市民球場は解体をされていました。

牡蠣専門店でもあります某かなわさんにお邪魔しました。
 
某広島の方より差し入れの日本酒を。。。
牡蠣は時期的に小ぶりでしたが、美味しかったです。
 
締めは、あなごめし。

たらふく食べ、体重は大台を超え、凄いことになっていました。
ちょっと痩せないといけないね。本当

そんなこんなで広島出張は続く・・・


2019/11/27

Corrigan's Mayfair London


ロンドンにある Corrigan's Mayfair というレストランに行ってきました。
数十年前、ロンドンに来たとき、食事はキツイ!!というイメージがついたままでしたが、近年のロンドンの食事は、スゴク美味しくなったと聞き、「ホンマかな?」という疑いがあるなか、モダン・ブリティッシュ料理店という Corrigan's Mayfair さんに。。。
そのレストランでジビエ(鹿)が出ると聞き、覚悟しました。笑

ジビエは日本でも美味しい所もあります。
ただ、ロンドン。汗

コース料理でしたが、全ての料理がものすごく美味しい!!
特に鹿肉などは、臭味など全く無く、マイルドな味!!
料金に関しては、ちょっと高めですので、その点だけ気をつけてください。(願)
イギリスの食事に関して、大きく変わりました。(本当)

店内の雰囲気は、落ち着きのあるクラッシックな感じで、ロンドンぽい雰囲気。笑
 Corrigan's Mayfair さんは、もう一度、ゆっくりと行きたいレストランです。笑




2019/11/19

Cliff Dublin Restaurant

アイルランドダブリンでのおすすめレストランのご案内です。

今回、ダブリンで美味しいレストランに出会いました。
クリフ・タウン・ハウス(CLIFF town house)という名前のレストランでした。
場所はココです。

外観はこんな感じです。

ネットで調べるとお宿(HOTEL)もやっているようで、レストランの上層階が宿泊先(Hotel)のようです。宿泊はしていないので、良いかどうかはわかりませんが、Webで見る部分では良さそうですね。fecebookのページもありました。

レストランでいただいたメニューの写真をアップします。このメニューのお品!!全て美味しかったです。
食べた後に全て美味しすぎたのでメニューの写真を撮ってしまいました。苦笑

バターも美味しく、奥の黒いパンがアイルランドの伝統的なパンという事でいただきました。パン自体に甘さがあり、バターの塩分と合わさると美味しいです。パンそのまま食べるよりシッカリ目にバターを付けて食べられることをオススメします。(^o^)

最後のデザートで写真を撮るのを忘れていたことに気づきました。汗
このチーズケーキが最高に美味しい!!

バターなどの乳酸品が美味しいのもあるのかなぁ?
この時に思いましたよ。アイルランドのチーズを買おうと・・・
でも、持って帰るのが大変だよね。

アイルランドのバターを買って帰るのを忘れたのは、非常に残念でした。


2019/11/18

北アイルランドからアイルランド そしてロンドン1泊


北アイルランドへの出発は、早朝でした。汗
ベルファスト・シティ空港に到着。
北アイルランドからアイルランドに入るのはバス!
添乗員さんが気を効かせて、バスの運転手さんに「どこか記念撮影ができる所を一時停車して欲しい。」っと要望を出すと、北アイルランドの説明を含め、やってくれた。

サービス精神旺盛!!

日本人も学ばないといけないとも感じた。
タイタニック博物館(館内は営業時間外のため入っていません。)

複雑に感じる絵が描かれていた。
ここでは車や人が行き来できますが、夜間はその出入口も閉まるという状況である。
イギリスのEU離脱となれば、ものの行き来はできるが、ここが国境になるかもしれない。

アイルランドに向かう車窓から
北アイルランドとアイルランドの国境は、高速道路では看板一つであった。

アイルランド最古の大学、ダブリン大学トリニティ・カレッジの図書館に。。。
全て本です。
ダブリン大学トリニティ・カレッジではこちらの貴重な本を貸出してはいただけますが、館内より出す貸出しは行っていないとの事。
大学はこんな雰囲気です。

後はアイリッシュ・ウイスキーの某メーカー見物で酒盛り。笑

翌日は・・・
ギネスで酒盛り。笑
ギネス社内に馬車!お洒落!

ダブリンでの宿泊ホテルは、Hotel Riu Plaza The Gresham Dublin(リウ プラザ ザ グレシャム ダブリン)という所にお泊りをしました。そこそこ良かったですよ。

こんな大きな樫の木を見たのは初めてですが、なかなか大きくならない樫の木の巨木を、某所にて拝見しました。

そんなこんなでアイルランドを後にし、ロンドンに行くも到着翌日早朝に出発という状況で、ロンドンでもゆっくりできない状態(弾丸旅行)でした。

ロンドンでの宿泊先は、2年前に大規模改修などを行ったというランガム・ホテルThe Langham, London)に宿泊し、弾丸旅行でこのランガム・ホテルに寝るだけは、勿体ないようなぁ。。。汗
もう少しホテルを楽しみたかった。苦笑

でもね。ベルサイユ宮殿に行けました。現地に10分程度いたように思う。笑

後は車窓よりこんな感じの写真を撮って遊んでいた。苦笑

ロンドンの高級住宅街をね。笑



2019/11/14

ドローンで関空閉鎖 乗り継げず ヒースロー空港泊

某団体でイギリスとアイルランドのミッションに行きました。
弾丸なミッションで、11月9日から11月14日朝に関空到着で、イギリス(ロンドン)は1泊というスケジュールでした。

集合時間前に関空に到着し、グローバルwifiさんで事前に注文をしていたレンタルwifi機を借りました。第1ターミナルのレンタルwifi機を取りに行く場所は海外の出発ロビー(4階)の北東方向(吹抜けを抜けて左側)の端っこにありました。
そこでwifi機を借り、集合場所に・・・

そうすると添乗員さんがバタバタされている。「何かなぁ?」っと思ったら、「関空にドローンが飛んできて、関空が閉鎖となり離発着が完全にストップした!」との事。(笑)

そう笑うしかなかった。(爆)

添乗員さんによると、僕たちの乗る予定だった飛行機も到着10分前に関空が閉鎖された。僕は乗りかかった船だからどうしようもないよ。。。っと思った程度で、一旦閉鎖なだけでスグに解除になると思っていた。乗る飛行機はブリティッシュエアウェイズでした。到着できないから管制塔の指示で羽田空港に向かったとの事。笑

そう笑うしかなかった。(爆)

それで関空の封鎖が解除になったので、羽田空港に向かった飛行機が戻ってくると・・・
とりあえず出国とチャックイン。を行おうっと・・・

それを行い、空港ラウンジに。。。

到着もしていないので、いつ出発かもわからない状況である。笑

そう笑うしかなかった。(爆)

飛行機が到着し、出発が決まった。そう3時間30分遅れで。。。絶句

そう笑うしかなかった。(爆)

空路はこうだ。関空からヒースロー空港に移動し、トランジットの上、ダブリン空港に入るという計画。ところがそのヒースロー空港で乗りかえ、次に乗る便に間に合わない可能性がでてきた。人は移動できるが、荷物が乗らない可能性が大きくあるとの見解でした。
ただ、「荷物ならいいんじゃない。翌日なんかにくるなら・・・」そんな程度にしかおもってなかった。着替えを考えたらいいじゃん。とね。そんな程度。

※写真はボクが撮りました。笑

関空からヒースロー空港
ヒースロー空港に到着すると、ダブリン行きの便番号を記載した紙を持って待っていてくれた。ギリギリ間に合うと誰もがそう思った。しかし運命というのは思ったようにはいかないものだ。その看板を持ったブリティッシュエアウェイズのスタッフの方々と、乗り継ぎのダブリン行きの所まで早歩き。
そうしたらカウンターでもう締め切ったっと・・・冷酷
そう目の前でしばらくしてから飛行機が飛び立った。

そう笑うしかなかった。(爆)

こうなれば後の便。っと添乗員さんが一生懸命調整をされてましたが、2便に分かれるとの事で、ロンドン・ヒースロー空港内のホテルに泊ることになり、翌日早朝の便で、北アイルランドに入り、バスで2時間程度乗ってアイルランドに入ることになった。
その間、かなり待ったような・・・
でも、ホテルのベットで寝れただけでもメッケもんですね。


ホテルは、ソフィテルロンドンヒースローホテルに宿泊。
翌日、元気に北アイルランドに。。。


続く。

2019/11/02

LED器具とエコロジー LEDがエコになるのかな?

LEDとエコロジーの広がりに疑問を感じている。
写真は私が従事する不動産会社が管理するマンションで、流し元灯の器具が壊れたので、交換作業を行いました。
オーナーも「綺麗になるし、LED で節電にも繋がるし、地球に優しいエコロジーだと。。。」いう。
流し元灯は器具毎取り付けて、LED が切れたら器具毎交換するようになります。
このような照明器具はこのようになります。そう電球交換ではなく、電器器具交換です。

LED で省エネ!
どうなんだろうか?

40000時間切れないのはエコロジーだと思う。しかし、計算したら下記のようになった。

1日に点ける時間=5時間
40000時間÷5時間=8000日
8000日÷365日=21.91年

1日に点ける時間=7時間
40000時間÷7時間=5714.28
5714.28日÷365日=15.65年

電器器具を交換した方がいいね。(笑)
さすが日本のメーカーだっ。(笑)
チャンチャン♪