2019/11/14

ドローンで関空閉鎖 乗り継げず ヒースロー空港泊

某団体でイギリスとアイルランドのミッションに行きました。
弾丸なミッションで、11月9日から11月14日朝に関空到着で、イギリス(ロンドン)は1泊というスケジュールでした。

集合時間前に関空に到着し、グローバルwifiさんで事前に注文をしていたレンタルwifi機を借りました。第1ターミナルのレンタルwifi機を取りに行く場所は海外の出発ロビー(4階)の北東方向(吹抜けを抜けて左側)の端っこにありました。
そこでwifi機を借り、集合場所に・・・

そうすると添乗員さんがバタバタされている。「何かなぁ?」っと思ったら、「関空にドローンが飛んできて、関空が閉鎖となり離発着が完全にストップした!」との事。(笑)

そう笑うしかなかった。(爆)

添乗員さんによると、僕たちの乗る予定だった飛行機も到着10分前に関空が閉鎖された。僕は乗りかかった船だからどうしようもないよ。。。っと思った程度で、一旦閉鎖なだけでスグに解除になると思っていた。乗る飛行機はブリティッシュエアウェイズでした。到着できないから管制塔の指示で羽田空港に向かったとの事。笑

そう笑うしかなかった。(爆)

それで関空の封鎖が解除になったので、羽田空港に向かった飛行機が戻ってくると・・・
とりあえず出国とチャックイン。を行おうっと・・・

それを行い、空港ラウンジに。。。

到着もしていないので、いつ出発かもわからない状況である。笑

そう笑うしかなかった。(爆)

飛行機が到着し、出発が決まった。そう3時間30分遅れで。。。絶句

そう笑うしかなかった。(爆)

空路はこうだ。関空からヒースロー空港に移動し、トランジットの上、ダブリン空港に入るという計画。ところがそのヒースロー空港で乗りかえ、次に乗る便に間に合わない可能性がでてきた。人は移動できるが、荷物が乗らない可能性が大きくあるとの見解でした。
ただ、「荷物ならいいんじゃない。翌日なんかにくるなら・・・」そんな程度にしかおもってなかった。着替えを考えたらいいじゃん。とね。そんな程度。

※写真はボクが撮りました。笑

関空からヒースロー空港
ヒースロー空港に到着すると、ダブリン行きの便番号を記載した紙を持って待っていてくれた。ギリギリ間に合うと誰もがそう思った。しかし運命というのは思ったようにはいかないものだ。その看板を持ったブリティッシュエアウェイズのスタッフの方々と、乗り継ぎのダブリン行きの所まで早歩き。
そうしたらカウンターでもう締め切ったっと・・・冷酷
そう目の前でしばらくしてから飛行機が飛び立った。

そう笑うしかなかった。(爆)

こうなれば後の便。っと添乗員さんが一生懸命調整をされてましたが、2便に分かれるとの事で、ロンドン・ヒースロー空港内のホテルに泊ることになり、翌日早朝の便で、北アイルランドに入り、バスで2時間程度乗ってアイルランドに入ることになった。
その間、かなり待ったような・・・
でも、ホテルのベットで寝れただけでもメッケもんですね。


ホテルは、ソフィテルロンドンヒースローホテルに宿泊。
翌日、元気に北アイルランドに。。。


続く。

0 件のコメント:

コメントを投稿